For Start-Up


特許法はアイデアをシンプルにするツール

特許出願がもたらす利益は、特許出願の結果として得られる特許権だけではありません。それ以前の活動:ⅰ)先行文献調査、ⅱ)発明のインタビュー、ⅲ)審査等は全て、創出されたアイデアをシンプルにしてくれます。「シンプル」にするとは、質素なものにするということではなく、「従来はなかった革新的な部分だけが残る」ということです。

弁理士等による発明のインタビューは、アイデアをどの角度から捉えるのが最適か、どの部分がアイデアの本質かを見極めることで余計な贅肉を落とします。弁理士等の知財専門家は特許法を熟知し、アイデアの革新的な部分を見極め、課題解決に必要なものと必要ではないものとの間に境界線を引くプロです。アイデアに鎧を付けることはしなくても、アイデアの本質を取り出します。そして特許庁審査官による審査によって、公知技術との切り分けが厳格に行われます。

アイデアは、高いレベルのインタビュー、審査及び中間処理を経ることで、アイデアの本質的部分だけが残ります。それが特許権です。全てのことについて「結果だけでなくプロセスも重要」とはいいきれませんが、特許出願については「結果だけでなくプロセスも重要」と言い切れます。

特許法は、それを「道具」として使いこなすことができれば、アイデアをシンプルにするツールになります。弁理士等知財専門家は、そのお手伝いをすることができる存在です。


「スタートアップの技術力」+大企業レベルの知財力」

とは言え、特許出願には手間がかかります。特許事務所への発明の説明だけでも手間がかかるのに「アイデアが浮かんだけれど特許出願できる発明なのか?」、「アイデアのどこら辺が発明になりそうか?」、「感覚的に…特許にはならなそう?」、「先行文献調査、どうやってやればいい?」等の疑問が沸き、全てのアイデアについて自ら検討していたら時間が足りません。

知財部門を擁する企業の技術者であれば、疑問が沸いたとしても、内線電話を使って「手間なく」聞けます。しかし、スタートアップに知財部門は大概ありません。

当所は、そのようなスタートアップに外部・知財部門としての役割を提供できます。内線電話はありませんが、ITツールをフル活用すれば手間を徹底的にセキュアに省けます。

スタートアップには他にない「尖った技術」があります。当所は大手企業の知財部門での経験を基に、スタートアップの技術力に大手企業レベルの知財力をプラスします。



本ページはスタートアップ向け特設ページです。当所はサービス提供にあたりクライアント様からの御用命に従いながら、併せてクライアント様の特性に鑑みた提案を致します。相互コミュニケーションにより個別具体的な提案を致しますが、思念として特設ページを設けております。